2013.12.1 05:04(2/3ページ)

横浜M、ホームでV決められず…俊輔「もう一度チャンスある」

横浜M、ホームでV決められず…俊輔「もう一度チャンスある」

優勝を決められなかった横浜M・中村(中央)は悔しそうに勝利を喜ぶ新潟イレブンを見つめる=日産スタジアム(撮影・吉澤良太)

優勝を決められなかった横浜M・中村(中央)は悔しそうに勝利を喜ぶ新潟イレブンを見つめる=日産スタジアム(撮影・吉澤良太)【拡大】

 勝てば優勝が決まった一戦で、横浜Mは0-2の完敗。5度あった直接FKのチャンスでゴールを挙げられなかったMF中村が、敗戦の責任を一身に背負い込んだ。

 「自分のFKが決まっていれば、それで済んでいた。もちろん、きょう優勝を決めたかった」

 0-0の前半23分。ゴール正面約20メートルの直接FKで左足を振り抜いた。しかし、新潟のGK東口が横っ飛びでファインセーブ。後半にセットプレーから失点し、終了間際にも追加点を奪われた。

 9年ぶりの栄冠は7日の最終節に持ち越され、リーグ戦で最多となる6万2632人の大観衆で埋まったスタジアムは静まりかえった。選手はまるで優勝を逃したかのようにうなだれながら、ホーム最終戦のセレモニーに参列。「すべてをこの試合にかけていた。悔しい」とFWマルキーニョスは涙を流した。ピッチ一周はビクトリーランの予定が、通夜のように選手の足取りは重かった。

【続きを読む】

  • 先制点を許し、俊輔(中央)らは厳しい表情。ホームの大観衆の前で優勝を決められず、決定は最終節に持ち越された(撮影・吉澤良太)
  • 前半、ドリブルで突破をはかる横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • 前半、ドリブルで突破をはかる横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • 後半、新潟のレオ・シルバにマークを受ける横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • 後半、シュートを阻まれる横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • 後半、シュートを阻まれる横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • ホーム最終戦で優勝を逃した横浜M・中村。晴れない表情でスタジアムを1周した=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • ホームの優勝を逃した横浜Mイレブン=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • 後半、新潟・鈴木に追加点を許し、肩を落とす中村(中央)ら横浜Mイレブン=日産スタジアム(撮影・吉澤良太)