2013.11.15 05:02

第94回天皇杯決勝、会場は日産スタジアムに!

来年度の天皇杯決勝の舞台は日産スタジアムに決まった

来年度の天皇杯決勝の舞台は日産スタジアムに決まった【拡大】

 日本サッカー協会は14日、東京・文京区の同協会内で理事会を開き、来年12月13日の第94回天皇杯の決勝を横浜市の日産スタジアムで行うことを決めた。東京・国立競技場以外で決勝を行うのは48大会ぶり。国立競技場が2020年東京五輪などに備えて改築工事に入るため、代わりの会場を公募していた。

 来年7月から本格的にはじまる聖地・国立の改築に伴い、2014年度の天皇杯決勝の会場が日産スタジアムに決まった。東京・味の素スタジアム、大阪・長居スタジアムも立候補していたが、田嶋幸三副会長は「来年度の決勝は(日時が)変わる可能性もあり、関東近辺の方がいろいろな変更に対応しやすい」と説明した。

 今年度まで天皇杯決勝は1月1日に行うのが通例だったが、2015年1月9日に豪州でアジア杯が開幕するため、代表選手の体調管理を優先し、決勝を47大会ぶりに前倒しし、12月13日の開催が決まった。しかし天皇杯が佳境を迎える12月はFIFAクラブW杯(モロッコ)も開催中。天皇杯決勝進出チームがクラブW杯に出場した場合、天皇杯決勝は12月23日に変更になる。

 なお、2015年度以降の天皇杯の決勝日時、会場は現時点では白紙だ。

(紙面から)