2013.11.9 17:46

マンU監督、エジルを断っていた「シンジがいる」

 サッカー、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のデイビッド・モイズ監督(50)が、夏の移籍市場でレアル・マドリードからアーセナルに加入したドイツ代表MFメスト・エジル(25)を「うちには同じポジションにシンジやウェインがいる」と断っていたことを明かした。複数の英紙が8日付で報じた。

 エジルは9月に、スペインリーグの強豪レアルから4250万ポンド(約67億円)でアーセナルに移籍。だが、エジルの売り込みはライバル・マンUにもあった。

 デーリー・メール紙やミラー紙(ともに電子版)によると、モイズ監督はエジルについて「先方から話がありクラブ内で議題に上がったが、私は特に関心を示さなかった」と当時の様子を振り返り、「うちにはシンジ・カガワやウェイン・ルーニーら同じポジションに似たような選手を抱えていて、もう他の選手を必要としていなかった。別のポジションを強化したかったんだ」と獲得を見送った理由を語った。

 現在リーグ8位のマンUは、現地10日に首位アーセナルと激突する。