2013.11.7 05:02

横浜Mピンチ!胆のう炎で入院中の俊輔、名古屋戦欠場へ

 J1で首位に立ち、9年ぶりの優勝を狙う横浜Mが大ピンチだ。胆のう炎で1日に川崎市内の病院に入院した元日本代表MF中村俊輔(35)が、6日になっても退院できず、横浜市内で行われた練習を休んだ。

 今週中には退院できそうだが、当初は2、3日の入院予定だっただけに、樋口靖洋監督は「次は(俊輔の)不在を想定して準備しないといけない」と説明。10日の名古屋戦(日産ス)の欠場は決定的になった。チーム関係者によると入院後は絶食し、前日5日から病院食を取り始めたが、体重は3~4キロ減り、体力や筋力の低下が心配だという。

 DF中沢は「大打撃だし、最悪だ」と俊輔の欠場に危機感を示した。残り4試合。ここまでリーグ戦全30試合に先発出場し、10得点を決めた司令塔の欠場は、あまりにも痛い。 (宇賀神隆)

(紙面から)