浅野拓磨

プロフィール

ふりがな あさの・たくま
ポジション FW(フォワード)
出身地 三重県
生年月日 1994年11月10日生
身長 173cm
体重 71kg
血液型 A型
利き足
経歴 四日市中央工高校−
サンフレッチェ広島−
アーセナル−
シュツットガルト−
ハノーバー−
パルチザン
チーム遍歴
2013-2016.07 サンフレッチェ広島(JPN)
2016.07-08 アーセナル(ENG)
2016.08-2018.05 シュツットガルト(GER)
2018.05-2019.08 ハノーバー(GER)
2019.08-2021.04 パルチザン(SRB)
主なタイトル(日本)
新人王 2015
成績(クラブ) ※リーグ戦
シーズン 所属クラブ 背番号 試合 得点 アシスト
2013 サンフレッチェ広島 29 1 0 0
2014 サンフレッチェ広島 29 11 0 1
2015 サンフレッチェ広島 29 32 8 4
2016 サンフレッチェ広島 10 14 4 1
2016-17 シュツットガルト(GER) 11 26 4 4
2017-18 シュツットガルト(GER) 11 15 1 0
2018-19 ハノーバー(GER) 11 13 0 0
成績(代表)
シーズン 年代 試合 得点
2015 U-22代表 6 0
A代表 3 0
2016 五輪代表 3 2
U-23代表 12 4
A代表 7 2
2017 A代表 7 1
2018 A代表 1 0
2019 A代表 2 1
軌跡
年月日 詳細
1994.11.10 0 三重県三重郡に生まれる。
2010.04 15 四日市中央工高校に入学
2012.01.09 17 全国高校選手権で、2年生としては史上初めて1回戦から決勝までの全6試合でゴールを決めて7得点をマークし、得点王に輝いた。優秀選手にも選出された。
2012.10.05 17 サンフレッチェ広島への加入が内定
2013.01.19 18 全国高校選手権に3年連続で出場し、2年連続で優秀選手に選出された。
2013.09.14 18 川崎戦の後半37分に途中出場し、リーグ戦デビュー
2013.10.13 18 U-20日本代表メンバーとして、東アジア競技大会全4試合に出場して3得点を挙げ、日本の銅メダル獲得に貢献した。
2014.02.22 19 横浜Mとのゼロックス・スーパー杯で後半14分に途中出場。21分に追加点を決めて公式戦初ゴールをマークした。
2014.12.08 20 広島とプロA契約
2015.04.18 20 FC東京戦の後半27分に途中出場し、37分にJリーグ初ゴールを挙げた。
2015.07.23 20 東アジア杯に向けたA代表メンバーに初選出
2015.08.02 20 東アジア杯・北朝鮮戦で後半39分から途中出場し、A代表デビュー
2015.12.05 21 Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦の後半31分に同点ゴールを決め、2戦合計4-3でG大阪を上回り、広島をJ1年間王者に導いた。
2015.12.08 21 リーグ戦32試合に出場。全て途中出場での8得点を挙げて広島のJ1優勝に貢献し、新人王に相当するベストヤングプレーヤー賞を受賞
2015.12.20 21 広州恒大とのクラブW杯・3位決定戦でフル出場。決勝点を演出するなど2-1の勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチ(最優秀選手)に選出された。
2015.12.25 21 広島のリーグ優勝に貢献し、「日本プロスポーツ大賞」新人賞を受賞
2016.01.30 21 U-23日本代表メンバーとして、U-23アジア選手権決勝・韓国戦の後半15分に途中出場。22分に1点差に詰め寄るゴールを決めると、2-2の36分には決勝ゴールを挙げ、日本をアジア王者に導いた。
2016.02.20 21 G大阪とのゼロックス・スーパー杯で後半8分に途中出場。12分にPKで追加点を決めて3-1の勝利に貢献し、2年ぶり4度目の優勝を果たした。
2016.03.12 21 湘南戦の後半38分から途中出場。2015年4月12日の名古屋戦からJ1歴代最長の33試合連続途中出場となった。
2016.03.20 21 大宮戦で先発して1得点1アシストをマーク。先発してのJ1得点はこの試合が初めて
2016.06.03 21 ブルガリアとのキリン杯準決勝で後半14分に途中出場。42分に自ら獲得したPKを決めて、A代表初ゴールをマークした。
2016.07.01 21 リオデジャネイロ五輪のU-23日本代表メンバーに選出
2016.07.03 21 イングランド・プレミアリーグの名門アーセナルに移籍することで合意
2016.07.11 21 チームメートの塩谷司とともに広島県庁に湯崎英彦知事を表敬訪問
2016.08.10 21 リオデジャネイロ五輪・1次リーグ全3試合に出場し、2得点を挙げる活躍を見せたものの、1勝1敗1分の日本は準々決勝進出を逃した。
2016.08.26 21 英国の労働許可証を取得できなかったため、ドイツ2部リーグのシュツットガルトに2016-17シーズン終了まで期限付きで移籍
2016.09.09 21 ハイデンハイム戦の後半36分から途中出場し、新天地でのデビューを果たした。
2016.09.20 21 ブラウンシュバイク戦に右MFで先発。後半19分にチームの2点目を移籍後初アシストし、勝利に貢献した。
2016.10.30 21 カールスルーエ戦に先発し、前半10分にドイツ移籍後初ゴールとなる先制点を左足で決めた。
2017.05.21 22 最終戦のビュルツブルク戦で出番がなかったものの、チームは4-1で快勝してドイツ2部リーグで優勝し、1部復帰を決めた。
2017.06.22 22 自身の公式ブログで、2017-18シーズンもシュツットガルトでプレーすることを表明
2017.08.19 22 ヘルタとの開幕戦にフル出場し、ブンデスリーガデビュー。得点こそ奪えなかったものの、後半には積極的なプレーでゴール前に何度も顔を出した。
2017.11.24 23 ハノーバー戦の前半24分に先制点を挙げ、ドイツ1部リーグで初ゴールをマークした。
2018.05.23 23 ドイツ1部リーグのハノーバーに2019年6月末まで期限付き移籍
2018.08.19 23 3部のカールスルーエとのドイツ・カップ1回戦に移籍後の公式戦初出場。後半6分にチームの4点目となる初ゴールを決めた。
2019.08.03 24 セルビア1部リーグのパルチザンに移籍
2019.08.08 24 マラティヤスポル(トルコ)との欧州リーグ予選3回戦で後半開始から移籍後初出場し、同22分にチーム2点目を決めた。
2020.08.22 25 インジヤ戦に先発して後半37分までプレーし、4試合連続ゴールとなるハットトリックをマークして5-0の快勝に貢献した。
2021.05.02 26 自身のブログでパルチザンとの契約を解除したことを発表した。