第100回天皇杯全日本サッカー選手権大会

大会概要

大会概要
 1921年に始まり今年で100回目。51年度から優勝チームに天皇杯が授与されるようになった。プロ・アマを問わず日本最強チームをトーナメントで決定する。96年度からは都道府県代表チーム、高校生チームにも出場資格が与えられている。
 2020年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大会方式を変更。参加チームを従来の88から50に縮小し、1回戦から準々決勝までは47都道府県代表とアマチュアシード1チームで争われ、準決勝からJ1上位2チームのみが出場する。
大会名称
 第100回天皇杯全日本サッカー選手権大会
主 催
 公益財団法人 日本サッカー協会
 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ
大会方式
 全50チームによるトーナメント方式

大会日程

回戦 日 程
1回戦 2020/09/16(水)
2回戦 2020/09/23(水)
3回戦 2020/10/28(水)
4回戦 2020/12/12(土)・13(日)
準々決勝 2020/12/19(土)・20(日)
準決勝 2020/12/27(日)
決 勝 2021/01/01(金)
【注】日程は変更される場合があります
出場チーム(全50チーム)
 ・J1=リーグ戦上位2チーム
 ・シード1チーム(2019JFL優勝チーム)=ホンダFC
 ・都道府県代表47チーム
賞金総額
 優勝:1億5000万円/天皇杯/JFA杯/NHK杯/共同通信社杯/JOC杯/FAシルバーカップ/ドイツ杯/表彰状/メダル
 2位:5000万円/NHK杯/共同通信社杯/表彰状/メダル
 3位:2000万円