アトレティコはロナウドなしのレアルと同等? シメオネ監督「間違いなく近づいた」

提供:Goal.com
アトレティコはロナウドなしのレアルと同等? シメオネ監督「間違いなく近づいた」

 ディエゴ・シメオネ監督は、AマドリードがRマドリードのレベルに近づいたと考えているようだ。

 昨シーズン、チャンピオンズリーグで史上初の3連覇を飾ったRマドリードだが、今夏にエースのクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに売却。長年サンティアゴ・ベルナベウを舞台に数多くの得点を奪い、タイトルをもたらしたポルトガル代表のスター選手が去ったことでチーム全体のレベルが下がったのではないかとの意見も飛び交う。

 しかし、Rマドリードはリーガ・エスパニョーラ開幕から3連勝を飾り、ロナウド不在の影響を今のところ感じさせていないが、シメオネ監督はAマドリードがライバルと同等のレベルに接近したとスペイン『El Partidazo de COPE』で話した。

 「我々は決してマドリーやバルサよりも劣っているチームではないと思う。選手個々のレベルを見ても同様だ。ただ、クリスティアーノが去ったことで我々はRマドリードのレベルに間違いなく近づいた」

 また、シメオネ監督はこの4カ月でヨーロッパリーグ、ワールドカップ、UEFAスーパーカップを制したアントワーヌ・グリーズマンがFIFA年間最優秀選手賞の最終候補3選手に選ばれなかったことを疑問に感じているようだ。

 「ワールドカップ王者、スーパーカップ、ヨーロッパリーグ、リーガ・エスパニョーラで2位、ワールドカップ決勝のベストプレーヤー、彼の活躍に説明はいらない。この1年を通して彼は世界で最高の選手だった。アトレティコの選手だからって過小評価されるべきではない。選んだ人間のイマジネーションが欠けていたと思う。はっきり言って少し失望している。しかし、間違いなく言えることはグリーズマンが昨シーズンのベストだ」(Goal.com)

Read more