サッカー協会技術委、J来季導入検討の外国人枠拡大を協議

 

 日本サッカー協会は12日、東京都内で技術委員会を開き、Jリーグが来季導入も視野に入れている外国人枠拡大について意見交換した。現状は、原則1チーム3人まで外国籍選手の出場が可能だが、これを5人とする案を検討しており、継続的に協議する。

 リーグは外国人選手の制限を緩和し、競争力を高めることを目指している。当初は枠の撤廃も模索したが、各クラブなどの反発が強かったために軟化した。日本人の若手育成のため、地元選手の登録を義務づける「ホームグロウン制度」も同時に検討を続けている。関塚技術委員長は「しっかりと協議し、良いものをつくっていきたい」と話した。

Read more