「初めて緊張した」堂安、代表デビュー戦でアピール&反省

提供:Goal.com
「初めて緊張した」堂安、代表デビュー戦でアピール&反省

 日本代表デビューを果たしたMF堂安律は喜びを語りつつ、反省の言葉を残した。

 日本は11日、国際親善試合でコスタリカと対戦。堂安は古巣ガンバ大阪の本拠地であるパナソニックスタジアム吹田で代表デビュー戦を迎えた。堂安は「すごく緊張して、いい経験だなと思いながらピッチに入りましたし、随所にですけど、アピールできたと思います。ただ、自分の特長、ゴールという結果がついてこなかったので、そこは反省というか、少し悔しい気持ちが残ります」と振り返る。

 前半は「あまり良いプレーが見せられなかった」としつつ、後半には連携も高まり、ゴール前で決定的なシーンも作り出した。「すごく楽しかった85分」とデビュー戦を総括。一方で、後半に小林悠のパスに抜け出し、ループシュートでゴールを狙ったシーンについては「決めたかったですけど」と語っている。

 「チームとしていい形であそこまで持って行って、ああいう背後に抜ける動きはオランダで磨きを掛けた部分でもありました。今までの自分になかった形ですし、ああやって出してくれる選手もチームメートにいたので、決めたかったですね」

 「シュート打つ前にパフォーマンス考えました(笑)。『どうしよう』と思って。GKが完全に寝転ぶと思ったので、チョンとして、観客が黙ってシーンってなってゴールに入っていくイメージだったんですけど。やられました」

 ビッグマウスかつメンタルの強さを持つことでも知られる堂安だが、「初めて緊張しました。試合前からしんどかったです」と明かす。それでも、すでに10月の代表戦を見据えつつ、まずはクラブで結果を残すと意気込んだ。

 「僕にできるのはまたオランダに戻ってやることで、次はアヤックスと対戦しますし、そういうことを考えるとまたアピールしないといけない。もし10月にまた選んでくれるのなら、次こそは得点をという気持ちでいます。ただ、1カ月後の目標を見るのではなく、また次の試合を見据えて調整したい」(Goal.com)

Read more