森保J初陣星呼んだ!南野が代表初ゴール「結果出したいと思っていた」

 
代表初ゴールを決めた南野。次代のエース候補が新生・森保ジャパンで輝いた(撮影・蔵賢斗)

 キリンチャレンジ杯(11日、日本3-0コスタリカ、パナS)若き侍が浪速で輝きを放った。日本代表は、後半21分に国際Aマッチ3戦目で初先発したMF南野拓実(23)が代表初ゴールを決めた。森保一監督(50)の初陣で、3-0の勝利に貢献。大阪での“凱旋試合”で、2022年W杯カタール大会に向けて幸先良いスタートを切った。

 浪速育ちのストライカーが森保ジャパン初陣の主役をかっさらった。MF南野が“1号”弾。2022年に向けて船出した新生日本代表で、エースに名乗り出た。

 「初戦はわかりやすい結果を出したいと思っていた。チームが勝つことを考えていたので、よかったです」

 歴代の代表でエースが君臨してきたトップ下で先発。前半16分に右CKからDF佐々木が頭で決めるも、相手DFに当たりオウンゴールの判定に。続いて巡ってきた1号のチャンスをものにしたのは、背番号8だった。後半21分、左を駆け上がったMF遠藤からのパスをペナルティーエリア(PA)内で受けると、左足で蹴り込んだ。「PA内でボールが来ればシュートのイメージはできていた」と、大きな追加点を決めた。

 過去6度出場したW杯で指揮官の初陣で得点した選手は、全員がW杯メンバー入りを果たしており、縁起のいいゴール。カタール大会に向けて、スタートダッシュには十分な一発になった。

 大阪・泉佐野出身で、4日の台風21号では地元が大きな被害を受けた。親類は無事だったものの、心を痛める出来事だった。しかし「サッカーで戦っている姿を見てもらうだけ」と切り替え、大阪に凱旋。これ以上ない結果で応えた。

 大阪での国際Aマッチは2016年6月7日のキリン杯以来2年ぶりで、南野は3試合目の出場で待望の初ゴール。「それはどうでもいいです。(招集が)空いていた期間、悔しい思いをしてきた。ここからなので」。2015年11月以降は代表から遠ざかって、悔しい思いを胸に抱き続けてきた。幼稚園時代、サッカーを始めたゼッセル熊取FCで1998年W杯フランス大会の映像をかぶりついて見ていた。飽きて遊び出す周りの子供を一喝したほど。杉山恵三監督(47)が「拓実だけはずっとまじめに見ていた」と驚いたほど。W杯、日本代表にかける熱い思いは誰よりも強い。

 「代表のユニホームを着て、またゴールを決めていきたい」

 W杯ロシア大会メンバーは選ばれておらず、競争はさらにし烈に。生き残りへ、南野が大きな一歩を踏み出した。 (大石豊佳)

南野 拓実(みなみの・たくみ)

 MF。1995(平成7)年1月16日生まれ、23歳。大阪・泉佐野市出身。C大阪ユース所属だった2012年11月に大宮戦でJ1初出場。13年にトップチーム昇格。同年7月の磐田戦で同初得点。15年1月にザルツブルク(オーストリア)へ移籍。今季リーグ戦6試合1得点。同通算101試合32得点。15年10月13日のイラン戦でA代表デビュー。A代表通算3試合1得点。1メートル74、68キロ。

データBOX

 ◎…新体制の初ゴールを決めた選手はすべてW杯に出場。第1次岡田ジャパンは1997年10月のウズベキスタン戦の呂比須ワグナー。トルシエ・ジャパンは98年10月のエジプト戦の中山雅史。ジーコ・ジャパンは2002年10月のジャマイカ戦の小野伸二。第2次岡田ジャパンは08年1月のボスニア・ヘルツェゴビナ戦の中沢佑二。ザック・ジャパンは10年10月のアルゼンチン戦の岡崎慎司。西野ジャパンは18年6月のパラグアイ戦の乾貴士。

Read more