プラン崩れたコスタリカ 指揮官、日本は「コンディションが良かった」

 
会見に臨むコスタリカ代表のロナルド・ゴンザレス監督=パナソニックスタジアム吹田(撮影・鳥越瑞絵)

 キリンチャレンジ杯(11日、日本3-0コスタリカ、パナS)コスタリカのゴンサレス監督は3失点の完敗に「日本は勝利にふさわしい試合だった」と潔く認めた。守備時は最終ラインに5人が並び、堅守からの速攻で脅かす狙いだったが、オウンゴールで先に失点してプランが崩れた。「われわれには厳しい展開だった」と話した。

 7日には敵地で韓国と対戦したばかり。疲労は隠せず「日本はチリ戦がなかったのでコンディションが良かった」と体調面の差を指摘した。

Read more