シメオネ代理人、インテルミラノ監督就任は「時間の問題」も「アトレティコでやるべきこと残っている」

提供:Goal.com
シメオネ代理人、インテルミラノ監督就任は「時間の問題」も「アトレティコでやるべきこと残っている」

 Aマドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督の妹で、代理人を務めているナタリア氏は、同指揮官のインテルミラノ監督就任が「時間の問題」と語っている。

 イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』とのインタビューに応じたナタリア氏は、シメオネ監督が選手時代の古巣インテルミラノに愛着を持っており、いつかは同チームを率いるとの見解を示した。

 「彼のインテルミラノ到着について? 遅かれ早かれ、という感じね……。ディエゴはそう言っているし、思うに時間の問題よ。彼はかつて住んだミラノという場所、その雰囲気を気に入っている。インテルミラノは彼が指導することを望んでいるチームなのよ」

 しかしながらアルゼンチン人指揮官は、アトレティコでまだすべきことが残っているとも考えているようだ。

 「最後に勝つのは情熱よ。ディエゴはアトレティコに7年間もいて、世界最高の監督の一人に数えられるようになった。それでも彼が残るのは、まだやり切るべき仕事が残っているからなの。私は彼のことを理解しているわ」

 アトレティコで「やり切るべき仕事」。それはやはり、2度決勝に到達しながらも、Rマドリードに可能性を絶たれたチャンピオンズリーグ優勝だろうか。(Goal.com)

Read more