ピャニッチが語る「C・ロナウドの存在は皆にとってプラス。彼がユベントスのカギ」

提供:Goal.com
ピャニッチが語る「C・ロナウドの存在は皆にとってプラス。彼がユベントスのカギ」

 ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが9日、イタリアメディア『メディアセット』のテレビ番組『プレッシング』に出演し、インタビューに答えた。同僚のFWクリスティアーノ・ロナウドについて語っている。

 C・ロナウドは今夏、Rマドリードからユベントスに加入したが、セリエA第3節を終えて1アシストを記録したもののゴールはまだない。一方、ピャニッチは8月25日のラツィオ戦で先制点をマークし、2-0でのチームの勝利に貢献している。

 「今シーズンの開幕直後は僕の方がロナウドよりも決定力があるって? クリスティアーノはチームのカギとなる選手だよ。これまでチームや個人で数多くのタイトルを手にしてきた選手だし、史上最高峰の選手の1人でもある。彼がチームにいるということは、皆にとってプラスになる。彼が一緒にいてくれて僕らは幸せだよ。近年の成績を上回れるように彼が手を貸してくれることを願っている」

 「個人的には、トリノに残れて満足している。ビッグクラブに所属しているし、僕の目標は、さらに成長してチームの勝利を手助けすることだ。今の場所で幸せだし、今のままで良いと思っている。引退までユベントスに? どうなるかな。僕はまだ長年プレーできるからね」

 またユーヴェMFは今シーズンの抱負を語っている。セリエAに限らず、すべての大会において最後まで勝ち残ろうと意欲を燃やす。

 「ユベントスの一員として、すべての大会で優勝を狙いたい。直近の4年間でチャンピオンズリーグ決勝を2度経験している。これは小さなことではない。今年も目標に変わりはない。夢を信じていきたい。正しい道を進んでいるはずだし、この調子で進んでいきたい」(Goal.com)

Read more