アーセナル・ベジェリン、ファンからの侮辱に悩まされてきたことを告白「“レズビアン”と言われる」

提供:Goal.com
アーセナル・ベジェリン、ファンからの侮辱に悩まされてきたことを告白「“レズビアン”と言われる」

 アーセナルDFエクトル・ベジェリンがイギリス『ザ・タイムズ』とのインタビューで、ファンの侮辱に悩まされてきたことを明かしている。

 ベジェリンはアーセナルのホームで、観客から侮辱の言葉をぶつけられることを告白。その言葉は、自身の見た目などに関係したものであるという。

 「一部のファンはとても攻撃的だ。大多数はインターネットで侮辱してくるけど、スタジアムで耳にすることもある。自分のことを“レズビアン”だと言ってくるんだ。髪が長いという理由でね。そして悪いプレーを見せれば、状況は耐えきれるものではなくなってしまう」

 ファッションに気をつかい、自身の服装をソーシャルネットワーク(SNS)で披露することもあるベジェリンだが、それが侮辱を受ける要因になっている模様。スペイン人DFは、どのような格好をしても自由であることを説いている。

 「選手はどう振る舞うべきか、どう話すべきかという固定観念があって、それが問題となっている。でも、どう自分を表現しても自由なんじゃないかな。最悪だったのは1年半前で、侮辱を受け続けたことでSNSのアカウントを閉鎖しなければならなかった。僕は日々、このような状況とどう戦っていくべきかを学んでいる」(Goal.com)

Read more