バルセロナ、シレッセン後釜としてPSVのオラン代表代表GKに注視

提供:Goal.com
バルセロナ、シレッセン後釜としてPSVのオラン代表代表GKに注視

 バルセロナは、PSVに所属するオランダ代表GKイェルーン・ズートの獲得を検討しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

 バルセロナはオランダ代表GKを注視し続けている模様。その意図は、彼の同胞でもあるGKヤスパー・シレッセンの後釜に据えるためという。

 バルセロナでマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンに次ぐ第2GKに甘んじているシレッセンは、出場機会の少なさに不満を持っており、今夏にも移籍の可能性があったとされる。バルセロナはシレッセンの退団に備えて、ズートを追い続けているようだ。

 なおズートに対しては、マンチェスターCも興味を持っていると報じられる。(Goal.com)

Read more