マルセイユの給与トップ20が地元報道で明らかに…酒井宏樹はチーム何番手か

提供:Goal.com
マルセイユの給与トップ20が地元報道で明らかに…酒井宏樹はチーム何番手か

 今夏の移籍市場で、ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、マルセイユへの移籍話が取りざたされていた。だが、移籍話は具体化せず、ニースへの残留が決定。その裏ではマルセイユの懐事情もあり、頓挫に至ったようだ。

 フランス『foot01』は「マルセイユは各選手の給与バランスもあり、巨額のサラリーを受け取る選手の獲得を、断念せざるを得なかった。クラブで最も高いサラリーをもらっているのは(ディミトリ)パイェで、移籍市場終盤に加わった(ケヴィン)ストロートマンはチーム2番手の高給取りとなる。結果として新加入の3人は、マルセイユのファイナンシャル・フェアプレーを脅かすことはなかった」と伝えた。

 なお、記事では所属選手の月額サラリーが報じられており、DF酒井宏樹はチームで15番手であることも明らかになっている。

 マルセイユ所属選手のサラリーは以下のとおり。

 ■マルセイユの月額サラリートップ20

 1:ディミトリ・パイェ(56万ユーロ/約7168万円)
 2:ケヴィン・ストロートマン(54万ユーロ/6912万円)
 3:ルイス・グスタボ(50万ユーロ/6400万円)
 4:フロリアン・トヴァン(40万ユーロ/5120万円)
 5:コスタス・ミトログル(35万5000ユーロ/約4544万円)
 6:スティーブ・マンダンダ(33万5000ユーロ/約4288万円)
 7:アディル・ラミ(25万ユーロ/約3200万円)
 8:アイメン・アブデヌール(22万5000ユーロ/約2880万円)
 9:ドゥイェ・チャレタ=ツァル(20万ユーロ/約2560万円)
 10:クリントン・エンジ(19万ユーロ/約2432万円)
 11:ヴァレール・ジェルマン(18万ユーロ/約2304万円)
 11:モーガン・サンソン(18万ユーロ/約2304万円)
 11:グレゴリー・セルティッチ(18万ユーロ/約2304万円)
 14:ネマニャ・ラドニッチ(17万ユーロ/約2176万円)
 15:ロランド(16万5000ユーロ/約2112万円)
 15:酒井宏樹(16万5000ユーロ/約2112万円)
 17:ブナ・サール(16万ユーロ/約2048万円)
 18:トマシュ・フボチャン(15万5000ユーロ/約1984万円)
 19:ルーカス・オカンポス(13万ユーロ/約1664万円)
 20:マキシム・ロペス(12万ユーロ/約1536万円)

Read more