森保監督、A代表初陣のチリ戦中止 被災者気づかい「最善尽くす」

 
自身の初采配が流れ、森保監督は選手に訓示。被災地にサッカーでの恩返しを誓った

 サッカー・日本代表合宿(6日、札幌市内)日本協会は6日、「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」により、森保ジャパンの初陣、日本-チリ(7日、札幌ド)の国際親善試合を中止にすると発表した。札幌市内に滞在中の日本とチリの両チームでは、全員の無事が確認された。

 日本代表の森保一監督は、チリ戦の中止が発表された午後4時半過ぎに宿泊先の玄関で報道陣に対応し「犠牲者のご冥福を祈るとともに、少しでも早く普段の生活が戻ることを願っています」と被災者を気づかった。自身のA代表の初采配は持ち越しになったが「こればかりはコントロールできないこと。与えられた環境で最善を尽くしたい」と語った。

Read more