森保Jの初陣・7日チリ戦は中止 北海道地震の影響

 
選手を集める森保一監督(中央)=札幌市厚別区(撮影・蔵賢斗)

 北海道で震度7を観測した地震を受けて日本サッカー協会は6日、札幌ドームで7日に開催予定だった日本代表とチリ代表の国際親善試合を中止すると発表した。日本協会の須原清貴専務理事は関係者の安全確保とインフラ機能の現状を理由に挙げ「状況を十分に考慮した結果、この意思決定に至った」と説明した。

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会後に就任した森保一日本代表監督での初戦となる予定だった。6日の公式練習なども取りやめた。日本協会によると、フル代表の国際試合中止は東日本大震災の影響による2011年3月のモンテネグロ、ニュージーランド戦以来。

 11日のコスタリカ戦(大阪・パナソニックスタジアム吹田)は予定通り行われ、チームの移動手段を検討するという。

Read more