ローマとのビッグマッチに臨むガットゥーゾ監督、選手を鼓舞「戦うのをやめるな」

提供:Goal.com
ローマとのビッグマッチに臨むガットゥーゾ、選手を鼓舞「戦うのをやめるな」

 ACミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは30日、サン・シーロで行われるセリエA第3節のローマとのビッグマッチに向けて前日記者会見に出席し、意気込みを語った。

 今シーズンの開幕戦はジェノア戦が予定されていたが、ジェノヴァの高架橋崩落事故の影響により延期となり、前節のナポリ戦が初戦となった。ガットゥーゾの恩師カルロ・アンチェロッティ率いるナポリに逆転を許して2-3で屈したが、指揮官は手ごたえも感じている。

 「(リードしていた)ナポリ戦の55分間のようなプレーが見たい。あそこからリスタートしたい。ナポリ戦は全て捨てるべき内容ではなかった。ただ改善すべき課題は、試合を戦い続けるという点だ。前半は、後半と比較すると別物だった。そこから戦うのをやめてしまった。これは許容できない」

 「こちらがピッチを支配できているときは、相手にとって簡単ではないと思う。最終的にナポリよりも多く走っていたが、問題はどのように走るかだ。自分たちの仕事を信じることをやめてはならない。クオリティと比較して、メンタル面では2段階劣っていると言える」

 このためACミランの闘将は、現段階においてチャンピオンズリーグ出場権を狙えるチームには至っていないと指摘する。

 「技術面だけ見れば可能だが、メンタル面ではまだチームとして足りない面がある。パニックをどのように解決するか? 時間がかかるが、解決することは可能だ」

 また指揮官は、ローマ戦での新加入選手の起用について問われると、言葉を濁した。

 「(マッティア・カルダーラについては)様子を見てみよう。(ティエムエ)バカヨコ? 彼には時間が必要だと伝えた。だが皆が言うように、彼を袋叩きにしたわけではない。自分の選手たちに泥を投げつけるようなことはしないよ。新加入の選手には非常に満足している。チームはかなり良くなったが、時間が必要だ」(Goal.com)

Read more