イグアインらミラン新加入3選手に伊紙辛口「準備できてない」

提供:Goal.com

 ACミランは25日、セリエA第2節で昨シーズン2位のナポリと対戦し、2-3で敗れた。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は26日、ナポリ戦でデビューを迎えたFWゴンサロ・イグアインら新加入の3選手に辛口評価を下した。

 ACミランは先週、ジェノアとのセリエA開幕戦が予定されていたが、ジェノヴァで発生した高架橋崩落事故の影響により、延期が決定。アウェーでのナポリ戦が今シーズンの初戦となった。ジェンナーロ・ガットゥーゾ率いるACミランが2点のリードを奪う展開だったが、名将カルロ・アンチェロッティのナポリに逆転を許し、師弟対決はアンチェロッティに軍配が上がった。

 ところでナポリ戦では、今夏の移籍市場でACミランに加わったイグアインらがデビューを飾ったが、いずれも及第点に満たない「5.5」の評価を受けている。イグアインについては、「(古巣)サン・パオロの視線や口笛はピピータに集中していた。決意を持ってピッチに入り、走り、戦ったが、勝負できるボールが届かず苦しんでいた。唯一の本物のチャンスでは、高くふかしてしまった」と綴った。

 また、チェルシーから加入したMFティエムエ・バカヨコは58分から途中出場したが、「まだ準備ができているように見えなかった」と指摘。さらに「不運」とは言え、ナポリの同点弾に絡んでいることにも着目した。71分から途中出場した元ジェノアのDFディエゴ・ラクサールについては、「ACミランが勢いを失った時に試合に入ったため判断は難しい」としつつ、「左サイドで攻勢に転じることはなく、彼の別のレパートリーを披露することもなかった」と綴り、低評価となった理由を挙げた。(Goal.com)

Read more