八百長でW杯審判資格停止…有利な判定と引き換えに金銭の支払い持ちかける

 

 サウジアラビア・サッカー連盟が、八百長に関与したとしてワールドカップ(W杯)ロシア大会の審判に選出されていたミルダシ氏に永久資格停止処分を科したと16日、AP通信が報じた。

 連盟によると、同氏は国内のカップ戦決勝で一方のチームに対し、有利な判定と引き換えに金銭の支払いを持ちかけた。国際サッカー連盟(FIFA)も情報の収集に当たっている。(共同)

Read more