スペイン代表選手らに婦女暴行事件関与の疑い…デ・ヘアらは潔白を主張

提供:Goal.com
スペイン代表選手らに婦女暴行事件関与の疑い…デ・ヘアらは潔白を主張

 ユーロ2016開幕を控えるスペイン代表に激震が走った。大会に向けて招集されているマンチェスターUGKダビド・デ・ヘアを含む3選手が婦女暴行事件に関与した疑いがあると報じられたが、選手らはそれぞれ自身の潔白を主張している。

 スペイン『ディアリオ』は10日、被害女性の一人が警察に証言した内容として、2012年にアスレティック・ビルバオFWイケル・ムニアインおよびもう一人のU-21スペイン代表選手が、証言者を含む女性2人に性的行為を強要したと伝えた。デ・ヘアはその場に参加してはいなかったが、仲介役としてセッティングを行ったとされている。

 『コンフィデンシアル』が同じく警察文書を情報源として伝えたところによれば、証言者はもう一人のU-21代表選手が当時マラガに所属していたRマドリードMFイスコだったとしつつ、確信は持てないと語ったという。警察は『Goal』スペイン版の取材に対し、メディアに出回った文書が実物であることを認めた。

 デ・ヘアはスペイン代表の会見で関与を否定し、引き続き代表チームに残ってユーロを戦いという意志を明確にしている。

 「この話には誰よりも僕自身が驚いている。深刻なことであり、事実ではないことだ。何でも言いたいことを言えばいいが、すべてが嘘だ」

 「このチームで戦い続けたいという気持ちはさらに強くなる。あとは弁護士に任せることだ。僕は代表チームに残るつもりだ。今回のユーロを戦いたいという思いがあるし、チームメートからの支えもある」

 ムニアインはソーシャルメディアを通しての声明で嫌疑を否定し、法的措置を取る姿勢を明確にしている。

 「僕に関して今日伝えられた情報について、3つのことを強調したい。事実関係の説明がまったく真実ではないこと、自分の名誉を守るため近日中に弁護士を任命すること、ピッチ上での僕を応援してきてくれたフォロワー全員に僕を信じてほしいということだ」

 イスコも同様に関与を否定する声明を発した。

 「起こったとされる事件について僕が関与したというのは完全に事実と異なるということを明確にしたい。これらの事件について僕はまったく何も知らなかった」

 「それを踏まえ、弁護士たちに必要な法的手続きを行うよう依頼した。この件に関して僕の名前が出てきたのは深刻な誤りであり不正義だということを明確にするためだ」(Goal.com)