白鵬「上出来」と総括 阿武咲と30番、合同稽古終了 - SANSPO.COM(サンスポ)

白鵬「上出来」と総括 阿武咲と30番、合同稽古終了

更新

 大相撲春場所(3月14日初日、両国国技館)に向けた合同稽古は25日、国技館内の相撲教習所で6日間の日程の最終日を迎え、4場所連続休場中の横綱白鵬が平幕阿武咲に20勝10敗と精力的に汗を流した。1月に新型コロナウイルス感染が判明した第一人者は2日続けて30番の内容に「(相撲を取る)稽古ができると思わなかった。上出来だと思う」と総括した。

<< 下に続く >>

 相手の持ち味である突き、押しを受けながら、四つでつかまえての寄りや、左手をかざす立ち合いなどを試した。「(阿武咲は)勢いがある。押させる稽古ができたし、そうすると土俵勘が必要になる。戻ってきている」と手応えを口にした。

 前頭3枚目だった1月の初場所で9勝を挙げた阿武咲は、春場所も上位総当たりが確実。「いい稽古をしていただいた。ここから場所までの2週間ちょっとが本当に大事になってくる」と気合を入れ直した。

 春場所に進退を懸ける横綱鶴竜や大関朝乃山は最終日を欠席した。感染拡大防止策のため、各力士は26日以降、所属する部屋での稽古に戻る。

PR

×