錦織圭、全豪OPぶっつけ本番も!?「2週間じっとしていた後に試合をすることはリスクしかない」/テニス - SANSPO.COM(サンスポ)

錦織圭、全豪OPぶっつけ本番も!?「2週間じっとしていた後に試合をすることはリスクしかない」/テニス

更新

 テニスの四大大会、全豪オープン(2月8日開幕)に出場するため、開催地のメルボルンに入っている男子の錦織圭(31)=日清食品=が18日から19日にかけ、公式アプリで動画を公開。新型コロナウイルス対策で、ホテルに“缶詰め”となっている様子を明かした。米国から搭乗したチャーター機の同乗者が陽性反応を示したことを受け、練習ができない危機に直面している。

<< 下に続く >>

 昨夏に新型コロナに感染した錦織が、オーストラリアで再びウイルス禍に巻き込まれた。自身は感染していないものの、3週間後に開幕する全豪を前に、外出禁止生活を余儀なくされている。18、19日と動画を公開し、心境を語った。

 「部屋から一歩も出られない。2週間じっとしていた後に試合をすることはリスクしかないが、しょうがないので前を向いて毎日過ごしていきたい」

 海外メディアによると、大会側が用意したチャーター機で米国や中東から1000人を超える選手や関係者が現地入りしたが、米ロサンゼルスから錦織が乗った便などで9人の陽性者が判明。本来なら到着後2週間の隔離中、1日5時間はホテル外で練習できる規則になっていたが、陽性者と同じ便に搭乗していた72選手は、陰性でもホテルの自室から一切の外出を禁じられる羽目になった。

 廊下にも出られないため、室内でエクササイズや素振りをして体を動かしている。「時差ぼけはないけど座っていることが多いので腰が痛くなる。立ってご飯を食べたり、歩いたりしている」。自身のテニスの動画も見て、感覚や気持ちを維持できるように工夫する。

 昨年は夏の新型コロナ感染を乗り越え、9月の大会で右肘手術から約1年ぶりに実戦復帰。同月末の全仏オープン2回戦で右肩を痛めてツアーを離脱したが、12月には元モデルの山内舞さん(29)との結婚を発表。覚悟を決めて東京五輪イヤーを迎えた矢先だった。

 「(右)肩の調子も良くなってきている。とりあえず体調は問題ない。(隔離生活を)あと10日ぐらい頑張りたい」

 全豪前に2月1日開幕の「ATPカップ」で実戦復帰の予定だが、調整不足のため、いきなり全豪に出場する可能性も出てきた。錦織は“ステイホテル”で、できることを愚直に続ける。

PR

×