走り幅跳び・高良彩花、高校以来のVも「記録的には満足していない」/陸上 - SANSPO.COM(サンスポ)

走り幅跳び・高良彩花、高校以来のVも「記録的には満足していない」/陸上

更新

女子走り幅跳びで優勝した高良彩花=デンカビッグスワンスタジアム  陸上の日本選手権は1日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで開幕し、女子走り幅跳びは高良彩花(筑波大)が6メートル32を跳び、兵庫・園田学園高時代に2連覇して以来、2年ぶりの優勝を飾った。「大学2年間で伸び悩んでいたので勝てたことはすごくうれしいが記録的には満足していない。もっと跳べる」と貪欲に語った。

<< 下に続く >>

 大学に入って助走を見直した。「うまくいけばかなり跳べると思う」とベースアップの手応えを得つつ、安定性を課題に挙げる。タイ記録を出している6メートル44のU20日本記録を「確実に更新したい」と意気込んだ。

PR

×