佐藤友佳、最終投てきで逆転「勝負にこだわった」/陸上 - SANSPO.COM(サンスポ)

佐藤友佳、最終投てきで逆転「勝負にこだわった」/陸上

更新

女子やり投げで初優勝し、表彰式で笑顔を見せる佐藤友佳(中央)。左は2位の北口榛花=デンカビッグスワンスタジアム  陸上の日本選手権は1日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで開幕し、女子やり投げは佐藤友佳(ニコニコのり)が59メートル32で初優勝し、日本記録保持者の北口榛花(JAL)は2センチ差の2位だった。

<< 下に続く >>

 女子やり投げは佐藤が最終6投目で逆転し、初優勝を飾った。昨秋に66メートル00の日本記録をつくった北口が4回目に59メートル30を投げて首位に立っていたが、渾身の投てきで2センチ上回った。ホープの2連覇を阻み「勝負にこだわってできた。とてもうれしい試合」と顔をほころばせた。

 世界選手権に昨年初出場した28歳で、自己記録は62メートル88。今大会に向け、やりを高く投げすぎる癖を修正してきたという。来夏の東京五輪へ「60メートル以上をコンスタントに投げられる選手にならないといけない」と話し、体力強化と技術の安定を課題に挙げた。

北口榛花の話「(最終投てきで逆転され)誰に抜かれてもおかしくない記録。来るよな、と思った。1回も納得いく投てきはできなかったが、課題に挙げている助走のスピードアップは安定してできていたと思う」

PR

×