北園丈琉、来年4月から名門徳洲会へ ユース五輪5冠のホープ/体操 - SANSPO.COM(サンスポ)

北園丈琉、来年4月から名門徳洲会へ ユース五輪5冠のホープ/体操

更新

 体操男子で2018年夏季ユース五輪で5冠を成し遂げた17歳の北園丈琉(たける、大阪・清風高)が高校卒業後の来年4月から社会人の徳洲会に加入することが28日、分かった。徳洲会が発表した。

<< 下に続く >>

 東京五輪代表入りを期待されるホープは「入団を決めた理由は、体操を続けていく上で最高の環境だと思ったから。目標達成へ精いっぱい努力し、憧れられるアスリートになれるよう頑張ります」とコメントした。

 徳洲会は2004年アテネ五輪団体総合金メダルの米田功氏が監督を務める名門。昨年の世界ジュニア選手権で2冠に輝いた16歳の岡慎之助も所属しており、若手育成に力を注いでいる。

PR