日本、デ杯本戦出場逃す…内山「言い訳なし」 錦織は出場せず/テニス - SANSPO.COM(サンスポ)

日本、デ杯本戦出場逃す…内山「言い訳なし」 錦織は出場せず/テニス

更新

試合に敗れたマクラクラン勉と内山靖崇(右)=兵庫県三木市のブルボンビーンズドーム(撮影・松永渉平)  男子テニス・国別対抗戦デビス杯(デ杯)予選日本-エクアドル最終日(7日、兵庫・三木市、ブルボンビーンズドーム)日本はダブルスでマクラクラン勉(27)=イカイ、内山靖崇(27)=北日本物産=組がゴンサロ・エスコバル、ディエゴ・イダルゴ組に6-7、3-6で敗れ、0勝3敗で本戦出場を逃した。右肘のけがから復帰を目指し、控えに回っていた錦織圭(30)=日清食品=は出場しなかった。

<< 下に続く >>

 無観客の会場にエクアドル代表の歓喜の声が響いた。左利きコンビを相手に最後までサーブのリターンに苦しんだ。錦織が右肘痛から復帰できず、西岡良仁(ミキハウス)も新型コロナウイルスの感染拡大の影響で代表を離脱。内山が急きょシングルスとダブルスの両方を戦うことになった。「気持ちの面で難しかったとは思うが、それを言い訳にはしない」と悔しさをにじませた。

PR