大坂を破った15歳のガウフ、8強ならず…ミス連発で涙/全豪テニス - SANSPO.COM(サンスポ)

大坂を破った15歳のガウフ、8強ならず…ミス連発で涙/全豪テニス

更新

女子シングルス4回戦 ポイントを奪われ、さえない表情のコリ・ガウフ=メルボルン(共同)  テニス・全豪オープン第7日(26日、メルボルン)四大大会第1戦。男子シングルス4回戦で2連覇を目指す第2シードのノバク・ジョコビッチ(32)=セルビア=は、第14シードのディエゴ・シュウォーツマン(27)=アルゼンチン=を6-3、6-4、6-4で下し、8強入りした。女子シングルス4回戦で15歳のコリ・ガウフは第14シードのソフィア・ケニン(21)=ともに米国=に7-6、3-6、0-6で敗れ、四大大会初のベスト8はならなかった。

<< 下に続く >>

 15歳の天才少女、ガウフの快進撃が止まった。3回戦で前年女王の大坂(日清食品)を破った時のような集中力が続かず、第2セットからミスが増えて失速。コートを去る際に涙がこぼれ「感傷的になった」と、四大大会初の8強入りを逃した悔しさをにじませた。急成長で東京五輪出場も視野に入れるホープは「もっと世界ランキングを上げる必要はあるけど、五輪でもプレーしてみたい」と目を輝かせた。

試合結果へ試合日程へ

PR