大坂なおみ、全豪連覇ならず…15歳・ガウフにストレート完敗/テニス - SANSPO.COM(サンスポ)

大坂なおみ、全豪連覇ならず…15歳・ガウフにストレート完敗/テニス

更新

試合後、連覇を逃した大坂(右)は15歳のガウフと抱擁した(ロイター)  テニス・全豪オープン第5日(24日、メルボルン)シングルス3回戦などが行われ、女子で2連覇を狙った第3シードの大坂なおみ(22)=日清食品=は世界ランク67位で15歳のコリ・ガウフ(米国)に3-6、4-6で屈した。昨年の全米オープン3回戦で下したが、2度目の対戦で雪辱を許した。男子は西岡良仁(24)=ミキハウス=が昨年覇者ノバク・ジョコビッチ(32)=セルビア=に完敗。シングルスの日本勢は全て敗退した。

<< 下に続く >>

 打開策が見つからなかった。大坂は15歳のガウフの勢いにのまれ、全豪2連覇を逃した。

 「重圧を感じてしまった。私はまだ女王のメンタルを持っていなかった」

 昨夏の全米オープンではストレート勝ちした相手に1時間7分の完敗。力強さが増したガウフの返球に苦み、これまでの四大大会で勝率が33・3%(4勝8敗)と最低だった3回戦を克服できなかった。この敗戦で2月3日発表予定の最新世界ランクでは、4位から9位以下へ転落することが確定した。

 3-4で迎えた第1セットの第8ゲームに、30-15からバックハンドを3本続けてネットにかけるなどミスは30本。「全てがうまくいかない日だった」と肩を落とした。

 五輪イヤーに新コーチのフィセッテ氏と臨んだ最初の四大大会はあっけなく幕を閉じたが「100%のプレーじゃなくても勝つ選手になりたい。まだ道のりは長い」と巻き返しを誓った。

試合結果へ試合日程へ

PR