大坂、西岡が3回戦へ 伊藤はジョコに敗れる/全豪テニス - SANSPO.COM(サンスポ)

大坂、西岡が3回戦へ 伊藤はジョコに敗れる/全豪テニス

更新

男子シングルス2回戦でノバク・ジョコビッチ(左)に敗れ、握手を交わす伊藤竜馬=メルボルン(共同)  テニスの全豪オープン第3日は22日、メルボルンで行われ、女子シングルス2回戦で2連覇を目指す第3シードの大坂なおみ(日清食品)は世界ランキング42位の鄭賽賽(中国)を6-2、6-4で下した。3年連続で進んだ3回戦では昨年の全米オープン3回戦と同じ15歳のコリ・ガウフ(米国)と顔を合わせる。

<< 下に続く >>

 男子シングルス2回戦で西岡良仁(ミキハウス)は第30シードのダニエル・エバンズ(英国)を6-4、6-3、6-4で破り、四大大会初の3回戦進出。伊藤竜馬(北日本物産)は昨年覇者で第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に1-6、4-6、2-6で敗れた。3回戦で西岡とジョコビッチがぶつかる。

 女子シングルス2回戦で日比野菜緒(ブラス)は第22シードのマリア・サカリ(ギリシャ)に6-7、4-6で屈した。第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)は順当勝ちした。(共同)

西岡良仁の話「風が強くて、ハードヒットするのが難しかった。(四大大会初の3回戦進出は)今年の目標だったので大きい。次の相手のジョコビッチは弱点がない。対策を考えたい」

試合結果へ試合日程へ

伊藤竜馬の話「初めての四大大会のセンターコートでいい経験ができた。ジョコビッチは強くて堅い。コート上で大きく見えた。強くなって戻ってきたい」

試合結果へ試合日程へ

PR