早田ひなが下克上初V!五輪代表・美誠&佳純を連破、悔しさバネに涙の2冠/卓球 - SANSPO.COM(サンスポ)

早田ひなが下克上初V!五輪代表・美誠&佳純を連破、悔しさバネに涙の2冠/卓球

更新

早田は東京五輪代表の伊藤、石川を連破。代表入りを逃した悔しさを糧に成長する (撮影・松永渉平)  卓球・全日本選手権最終日(19日、丸善インテックアリーナ大阪)女子シングルスは早田ひな(19)=日本生命=が準決勝で伊藤美誠(19)=スターツ=を4-3、決勝で石川佳純(26)=全農=を4-1と、2人の東京五輪代表を破って初優勝。ダブルスとの2冠を達成した。男子は18歳の宇田幸矢(エリートアカデミー)が決勝で東京五輪代表の張本智和(16)=木下グループ=を4-3で破り、初制覇。東京五輪出場を逃した早田と宇田が、下克上Vを成し遂げた。優勝した二人は、世界選手権団体戦(3月、韓国・釜山)の代表に決まった。

<< 下に続く >>

 石川の打球がネットにかかり、決勝の決着がつくと、早田はその場にしゃがみこんだ。

 「苦しいことや、頑張っても結果が出ないことが多くて、そんな時でも応援してくれた人たちに絶対に恩返ししようと思っていました」

 あふれ出た涙の理由を初々しく説明した。世界ランキング23位の早田は、準決勝で同3位の伊藤、決勝で同9位の石川と、東京五輪代表選手を次々と打ち破った。ダブルスの相棒で、前日18日に一緒に3連覇した伊藤とはフルゲームの大激戦。最終第7ゲーム6-4で、フォアサイドのボールをストレートに打ち返すと、伊藤は一歩も動けなかった。

 「以前ならクロスにしか打てなかったボール。思い切って打てたし、そこから伊藤選手にも焦りが出た」。ベストショットだと振り返った。

 今月6日、東京五輪代表の3人が発表され、同じ19歳の伊藤と世界11位の平野美宇(日本生命)が入った。「この1年の結果じゃ無理と確認した」と早田。そこから「今後4年でどう変われるか。今年のテーマを『挑戦』として、逃げずに頑張ろう」と誓いを立てた。

 1日7時間の練習を1時間増やし、終了後も追加で1~2時間、サーブの練習やトレーニングに充てるようになった。練習では「もともと、ぶっ飛ばしてしまうタイプ」だったドライブも、力加減や足の位置、相手を見ながら70%の力で打つことなどを調整。その成果があの1球に出た。

 「平野選手、伊藤選手が(全日本で)優勝し、私も続きたいという気持ちはあった」。特に伊藤は「私の卓球人生を変えてくれた存在」だ。世界トップレベルの伊藤とダブルスで組み、一緒に練習するなど間近に接して「学ぶことが多い。やってみようと思うことで私のスタイルや戦術の幅が広がった」と感謝する。

 その存在に勝ち「自信になった」と早田。だが「私が勝ったことで伊藤選手はさらに強くなる。私も絶対に負けない選手になりたい」。4年後のパリ五輪へ向け、切磋琢磨(せっさたくま)してさらなる高みを目指す。 (只木信昭)

早田 ひな(はやた・ひな)

 2000(平成12)年7月7日生まれ、19歳。福岡県北九州市出身。中間東中-希望が丘高-日本生命。左シェーク裏・裏ドライブ型。4歳で卓球を始め、14年アジアジュニア選手権カデット団体では平野美宇、伊藤美誠と組んで中国を下して優勝。同年のオーストラリアオープンでワールドツアー初優勝。伊藤と組んだダブルスでは19年世界選手権銀メダル、全日本選手権で20年まで3連覇。166センチ。

PR