五輪代表は単で勝てず/卓球 - SANSPO.COM(サンスポ)

五輪代表は単で勝てず/卓球

更新

試合に敗れ引き揚げる伊藤美誠=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)  卓球の全日本選手権最終日は19日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われた。

<< 下に続く >>

 東京五輪の日本代表は、男女ともシングルスの世界ランキング日本勢上位3番手に入っているが、全日本のシングルス優勝には届かなかった。女子は平野(日本生命)が5回戦で敗退し、石川と伊藤は、世界ランキングで日本勢6番手の早田に屈した。日本女子の馬場監督は「早田は非常に強かった。五輪代表はさまざまな心境が交錯する中、無の状態になれないときもあるのではないか」と心中を察した。

 男子も18歳の戸上に25歳の丹羽(スヴェンソン)が準々決勝で敗れ、張本も苦戦。張本を含めた4強は3人が10代で、世代交代を印象づけた。

PR