張本、切り替え「決勝でいいプレーができた」シングルス初戦は快勝/卓球 - SANSPO.COM(サンスポ)

張本、切り替え「決勝でいいプレーができた」シングルス初戦は快勝/卓球

更新

 卓球・全日本選手権第4日(16日、丸善インテックアリーナ大阪)混合ダブルスの準決勝、決勝が行われ、前回大会と同じ顔合わせとなった決勝で森薗政崇(24)=BOBSON、伊藤美誠(19)=スターツ=組が、張本智和(16)=木下グループ、長崎美柚(17)=エリートアカデミー=組を3-1で退け、3年連続3度目の優勝を飾った。

<< 下に続く >>

 張本智は長崎と組んだ混合ダブルスで準優勝に終わったが、「決勝でいいプレーができた」と調子をつかみ、その後のシングルス初戦は快勝した。水谷が「張本に優勝してほしい」と話したと聞かされ、「でも(ダブルスで組む)大島(祐哉)さんのコーチに入ってましたよね」と、軽口で応じる余裕も見せた。

PR