12歳松島が張本超え「次は絶対優勝」/卓球 - SANSPO.COM(サンスポ)

12歳松島が張本超え「次は絶対優勝」/卓球

更新

 ジュニアの部男子シングルスで、準々決勝進出を決めた松島輝空=丸善インテックアリーナ大阪  卓球の全日本選手権第4日は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、ジュニアの部シングルスの男子は決勝で吉山僚一(愛知・愛工大名電中)が小学6年で12歳の松島輝空(木下グループ)に勝って優勝した。

<< 下に続く >>

 小学6年で12歳の松島が、ジュニアの部男子シングルスで小学生として初めて決勝に進んだ。前回大会は8強。優勝はならなかったが、これまでの最高記録だった張本の4強を更新し「ここまでいけたことは自分としては進歩」と冷静に喜んだ。

 額をびっしょりと汗でぬらしながら148センチの小柄な体で飛び回り、強気のラリーで年上の選手に応戦した。来年に中学1年で優勝すれば、中2で優勝した水谷と張本を上回る。新たな記録達成のため「次は絶対優勝したい」と意欲を見せた。

PR