佳純、五輪“内定”に思わず涙!初戦負けも美宇も敗れて3大会連続/卓球 - SANSPO.COM(サンスポ)

佳純、五輪“内定”に思わず涙!初戦負けも美宇も敗れて3大会連続/卓球

更新

平野が敗れた瞬間に石川の五輪代表が“内定”。思わず感涙した  卓球・ワールドツアー・グランドファイナル第1日(12日、中国・鄭州)ワールドツアー上位選手で争う大会が開幕。シングルス女子1回戦で東京五輪日本代表の残り1枠を争う石川佳純(26)=全農=と平野美宇(19)=日本生命=がそれぞれ敗れ、世界ランキングのポイントでリードする石川がシングルス代表入りを確実にした。正式決定すれば2012年ロンドン、16年リオデジャネイロに続き3度目の出場。伊藤美誠(19)=スターツ=は既に代表入りを確実にしている。

<< 下に続く >>

 結末は、ともに中国の高い壁に阻まれる形でついた。石川は世界女王の劉詩ブン(中国)に0-4で完敗して悔し涙。それから約1時間後、平野の敗北により東京五輪シングルス代表が確定的となり、感涙に変わった。

 「シングルスの舞台に立てることをすごくうれしく思う。正直まだ実感がない」

 今大会は、平野との間で一つでも勝ち進んだほうが代表に選ばれる“最終決戦”。ポイントでリードする石川が有利ではあったが、初戦の相手は通算11戦全敗の劉詩ブン。11日の組み合わせ抽選で、くじを代理で引いた母の久美さんに「八つ当たりしたくなるような気分だった」と笑った。

 2012年ロンドン五輪では平野早矢香、福原愛とのチーム最年少で団体銀メダル。16年リオデジャネイロ五輪は福原と伊藤美誠に挟まれる中堅で銅。だがシングルスはロンドン4位、リオは1回戦敗退だった。東京の代表争いは、伊藤や平野らミレニアム世代の台頭という世代交代との戦いに苦しめられた。

 今年1月まで3位と日本勢トップだった世界ランキングは徐々に降下。9月には8位に落ち、7位に上がった伊藤に逆転された。五輪ポイントでは平野にも先行されて黄信号が点灯した。

 今月8日の北米オープン決勝で、平野との直接対決を制して優勝。ポイントで平野を逆転したのが最後に効いた。平野がこの日勝てば、代表内定は平野だった。まさに大接戦。石川は「卓球に対する情熱とか、学ぶことが多かった」とライバルをたたえた。

 「今までで一番ハードだった」と苦しみ抜いた代表争いを制した石川。「世界の舞台で最高のプレーができるようにしたい」と最後は晴れやかな表情になった。

★卓球・東京五輪への道

 男女団体とシングルス、混合ダブルスが行われる。シングルスの出場枠は各国最大「2」。来年1月時点の世界ランキングで上位32人に出場権が与えられ、他は大陸予選や最終予選などに割り振られる。団体戦は16カ国・地域が出場。日本はシングルス代表2人と強化本部推薦の団体要員1人でチームを構成する。新種目の混合ダブルスは男女代表計6人から選ぶ。

石川 佳純(いしかわ・かすみ)

 1993(平成5)年2月23日生まれ、26歳。山口市出身。2012年ロンドン五輪女子団体銀メダル、シングルス4位。16年リオデジャネイロ五輪女子団体銅メダル。14年から全日本選手権単3連覇。18年ドイツ・オープン、チェコ・オープン優勝。大阪・四天王寺高出、全農。157センチ、51キロ。

PR