村田、12・23背水初防衛戦!「どの試合でも引退よぎる」/BOX - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

村田、12・23背水初防衛戦!「どの試合でも引退よぎる」/BOX

更新

チャンピオンベルトを肩にかけた村田(左)は、挑戦者のバトラーを前に覚悟を示した (撮影・今野顕)  プロボクシングのWBA世界ミドル級王者、村田諒太(33)=帝拳=が、12月23日に横浜アリーナで同級9位のスティーブン・バトラー(24)=カナダ=との初防衛戦に臨むと16日、所属ジムが発表した。トリプル世界戦となり、WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(27)=BMB=がIBF同級王者のフェリックス・アルバラード(30)=ニカラグア=と王座統一戦を行い、八重樫東(36)=大橋=がIBF世界フライ級王者のモルティ・ムザラネ(37)=南アフリカ=に挑戦する。

<< 下に続く >>

 7月12日の世界王者返り咲きから164日後の初防衛戦。東京都内で記者会見した村田は再び強い覚悟でリングに立つ。

 「負けたら駄目でしょう。誰がもう一回チャンスをくれますか。どの試合でも引退はよぎっている」

 ロブ・ブラント(米国)を2回2分34秒TKOで破り、世界王座陥落後の直接再戦で9カ月ぶりに王座を奪還。浮かれることなく背水の陣で次戦を迎える。

 挑戦者のバトラーはWBO1位、WBC4位、IBF8位、WBA9位と主要4団体すべてランク入りしている実力者。プロ通算成績は30戦28勝1敗1分けで、28勝中24KOの右ボクサーだ。

 村田は初防衛戦に向けて、モチベーションを高めるために自問自答を繰り返した。結論は「日本人のプロボクサーとしてある程度の名声をいただいたが、トップ・オブ・トップかといえばそうじゃない。それを目指したい」。引退と背中合わせながら、日本ボクシング界の頂点を見据えて師走の一戦に臨む。

 「(バトラーは)好戦的なボクサー。若くて勢いのある選手。(スパーリングを)すぐにでも始めたいです。試合に集中して絶対倒す」

 既に対戦相手の試合を映像で研究している。記憶に新しい感動と興奮のブラント戦勝利。不死鳥のようによみがえった村田が、再び壮絶な打ち合いでファンの心を揺さぶる。 (山口泰弘)

村田に挑むスティーブン・バトラー「世界戦を闘うことは夢だったが、ただ夢を見るだけの男ではない。私は一発で終わらせるパンチを持っている。KOする自信はもちろんある」

PR