VRヘッドセットで5G観戦体験!「まるでコートに立っているよう」/バスケ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

VRヘッドセットで5G観戦体験!「まるでコートに立っているよう」/バスケ

更新

VRヘッドセットをつけてバスケットボール日本代表戦を観戦するファン  ソフトバンクは、22日から行われているバスケットボール男子の日本代表の強化試合(さいたまスーパーアリーナ)で第5世代移動通信システム(5G)のプレサービスを実施している。

<< 下に続く >>

 22日に行われたアルゼンチン戦では、バスケットゴールなど特別な場所に設置したVRカメラなどで撮影された試合の模様をVRヘッドセットやARグラスなどを使って視聴できる5G体験エリアがスタンド内に設けられ、ソフトバンクのツイッターで募集されたキャンペーンに応募したファンが5Gを利用したスポーツ観戦体験を味わった。

 用意されたVRヘッドセットを着用すると、コートサイドと両バスケットゴールの3カ所に設置したVRカメラの視点を、試合シーンに応じて自由に切り替えながら観戦することが可能だ。ARグラスを利用するとスタンドから実際に見ている光景に別視点で撮影された映像を重ねて観戦することができる。さらに、用意されたタブレット端末ではコートの半分を囲むように設置された30台のカメラで撮影された映像を好きな角度で楽しむことができる。

 実際に体験したファンは、「臨場感が増す。VRのヘッドセットをつけて試合を見るとまるでコート上に立っているようだった」と感嘆の声を上げた。

 スタンド外にも、5Gネットワークを活用して大迫力の立体音響と併せて臨場感のある観戦体験を提供する映像体験コーナーや、顔認証で入場できる専用ゲートが設けられ、ファンは八村らのプレーとともに、近未来のスポーツ観戦を体験した。

PR