杉原愛子が初優勝「世界戦想定して戦えた」 全日本学生体操 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

杉原愛子が初優勝「世界戦想定して戦えた」 全日本学生体操

更新

女子個人総合 優勝した杉原愛子の床運動=山口市の維新大晃アリーナ  体操の全日本学生選手権第1日は21日、山口市の維新大晃アリーナで行われ、個人総合で女子は世界選手権(10月、シュツットガルト=ドイツ)代表の杉原愛子(武庫川女大)が4種目合計54・132点で初優勝した。

<< 下に続く >>

 女子の杉原は腰痛を抱えながらも4種目を大きなミスなくまとめ、個人総合で初出場優勝を果たした。チームの団体総合2位にも貢献し「試合勘もつかめたし(10月の)世界選手権を想定しながらチーム戦を戦えた」と収穫を口にした。

 大会前には好きなアイドルをまねてショートカットにし、気分を一新した。2020年東京五輪の団体総合出場枠が懸かる世界選手権へ「体と相談しながら、点数を取れる演技をしていきたい」と力を込めた。

PR