【準々決勝敗退一問一答】錦織圭「2セット目以降は苦しかった」/ウィンブルドン - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【準々決勝敗退一問一答】錦織圭「2セット目以降は苦しかった」/ウィンブルドン

更新

男子シングルス準々決勝 ロジャー・フェデラーとの対戦中、汗を拭う錦織圭=ウィンブルドン(共同)  テニスのウィンブルドン選手権第9日は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準々決勝で第8シードの錦織圭(日清食品)は第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に6-4、1-6、4-6、4-6で屈し、同種目の日本勢で1933年大会4強の佐藤次郎以来86年ぶりの準決勝進出を逃した。四大大会で20度優勝を誇るフェデラーは大会通算100勝目を飾った。準々決勝で敗退した錦織は淡々と質問に応じた。(共同)

<< 下に続く >>

 --試合を振り返って

 「1セット目は彼の第1サーブの確率が低く、すごくリターンが合っていた。かなり思い切って攻めていけたと思うが、徐々に第1サーブの確率が上がってエースも増えてきた。2セット目以降は苦しかった」

 --フェデラーは以前より攻撃的になったと言われている

 「変化は感じる。昔のようにゆっくりラリーはしてくれなくなった」

 --今大会を通じて手応えや収穫は

 「全体的にプレーの質はすごく上がった。安定して芝でもプレーできるとあらためて自信になった。サーブも良くなってきている。収穫はたくさんあった」

 --今季後半の目標

 「世界ランキングは意外と高い位置にいる。さらにいい位置にいられるようにしたい。全仏オープン、ウィンブルドン選手権とプレーは良くなってきている。調子は上がってきているので頑張りたい」

試合結果へ試合日程へ

PR