休場の貴景勝は加療5週間 名古屋場所全休、大関陥落へ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

休場の貴景勝は加療5週間 名古屋場所全休、大関陥落へ

更新

 日本相撲協会は7日、大相撲名古屋場所を初日から休場したかど番の東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=の診断書を公表し「右膝内側側副靱帯損傷で7月4日より5週間の加療を要する」との内容だった。今場所は全休する意向で、在位2場所での関脇転落が確実となっている。

<< 下に続く >>

 貴景勝は新大関だった夏場所で負傷。大関以上では極めて異例の再休場をした。9月の秋場所で10勝すれば大関に復帰できる。

 今場所の十両以上で初日からの休場は貴景勝と平幕嘉風の2人。

PR