貴景勝、出場の結論持ち越し 休場勧める親方と協議 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

貴景勝、出場の結論持ち越し 休場勧める親方と協議

更新

千賀ノ浦部屋宿舎を無言で出る大関貴景勝=4日、名古屋市  右膝に不安を抱えて大相撲名古屋場所(7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けた動向が注目される大関貴景勝が4日、名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)と出場の可否について協議したが、結論を持ち越した。出場を望む貴景勝に対し、親方が休場を勧めている。

<< 下に続く >>

 親方は協議開始から約4時間半後、「私は万全じゃないし休場しろと言っているが、本人は『出させてください。お願いします』という話だ。途中休場したらファンをがっかりさせる」と複雑な表情で話した。休場の場合は全休させる意向を示した。かど番の貴景勝は負け越せば関脇に転落する。

 貴景勝は新大関だった夏場所で途中休場後に一度再出場したが、大関以上では極めて珍しく再休場した。今場所に向けても関取衆と相撲を取る稽古を再開できず、調整遅れが懸念される。この日の朝稽古は四股、てっぽうの基本運動のみだった。名古屋市内での前夜祭に向かう際は無言だった。

PR