貴景勝、名古屋場所出場意向強調も 4日に可否判断へ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

貴景勝、名古屋場所出場意向強調も 4日に可否判断へ

更新

 右膝に不安を抱える大関貴景勝は3日、初のかど番となる大相撲名古屋場所(7日初日・ドルフィンズアリーナ)の出場可否を、取組編成会議前日の4日に最終判断する方針を示した。

<< 下に続く >>

 この日は名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で幕下以下の力士と7番取り「あと1日状況を見てベストな状態で臨みたい。出る気持ちでやっている。不安や恐怖心は全くない。自信もある」と出場に前向きな意向を強調した。

 相手に体重をかけさせてじっくりと前に出て膝の状態を確認し、ぶつかり稽古では出稽古に来ていた十両明瀬山に胸を出した。貴景勝は「問題ない。みんなが思っているほど悪くない。簡単に言えば万全に近い。慎重にやっているだけ」と、きっぱり語った。

 鋭い出足もあったが関取衆とは相撲を取っておらず、調整には疑問符が残る。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は慎重な姿勢を崩さず「何とも言えない。関取衆と稽古しないとちょっとね。本場所と稽古場は違う。(4日の)稽古を見て、ぎりぎりまで考えたい」と不安視した。

PR