異例の大関不在で連合稽古 二所ノ関一門・高安、貴景勝ら欠席 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

異例の大関不在で連合稽古 二所ノ関一門・高安、貴景勝ら欠席

更新

二所ノ関一門の連合稽古で汗を流す阿炎=名古屋市の鳴戸部屋宿舎  大相撲名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)二所ノ関一門の連合稽古が28日、名古屋市内の鳴戸部屋で行われ、前日27日には参加した大関高安(29)が腰痛のため姿を見せなかった。5月の夏場所を右膝を痛めて途中休場し、大関2場所目でかど番となる貴景勝(22)も相撲が取れない状態で不参加だった。

<< 下に続く >>

 東京場所前の連合稽古が恒例だった二所ノ関一門は、平成27年から地方場所でも連合稽古を実施。この間は元大関琴奨菊、引退した元横綱稀勢の里も顔をそろえ、大関以上が不在の稽古場は極めて珍しい。

 稽古は29日まで行われるが、この日は佐渡ケ嶽部屋の4人の関取も部屋の所用で不参加。尾車親方(元大関琴風)は「ちょっとさみしかったけど、(最終日は)みんなそろうでしょう」と期待した。 (奥村展也)

PR