貴景勝、名古屋場所へ不安…稽古再開も相撲取らず - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

貴景勝、名古屋場所へ不安…稽古再開も相撲取らず

更新

基本運動で右膝の状態を確かめる貴景勝。調整の遅れが懸念される (撮影・月僧正弥)  大相撲名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)右膝に不安を抱え、名古屋場所を初のかど番で迎える大関貴景勝(22)が25日、名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開。まわしを締めて稽古場に現れたが、四股や腰を落とす動きを繰り返すだけで相撲は取らなかった。

<< 下に続く >>

 「(名古屋場所に)出る方向でやっているが、出られる状態でないのに出ることはしない。無理をしてもう一回(右膝靱帯=じんたい=を)切ったら相撲人生が終わってしまう」

 休場の可能性も示唆した。新大関の夏場所で一度は再出場したが、大関以上では異例の再休場。「右膝内側側副靱帯損傷」などと診断された。現在は「調子が良いときと悪いときがあるが、だんだんとは良くなっている」というが、27~29日の二所ノ関一門による連合稽古への参加も未定。相撲を取る稽古を始めるのは本場所の1週間前を目安にしたいとする。

 休場すれば、在位2場所での大関陥落となる。「何とも思っていない。実力がなければ(大関から)落ちてやり直せばいい」と、慎重に判断する考えを示した。 (月僧正弥)

PR