【サンスポ×日体大】山本博、老いに打ち勝ち狙う3元号メダル - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【サンスポ×日体大】山本博、老いに打ち勝ち狙う3元号メダル

更新

撮影に応じる日体大・山本博教授=神奈川県横浜市(撮影・加藤圭祐)  2020年東京五輪開幕まで、20日で400日。出身大学別最多62人の夏季五輪メダリストを輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第16回は、アーチェリーの山本博(56)=スポーツマネジメント学部スポーツライフマネジメント学科教授=に迫る。1984(昭和59)年ロサンゼルス五輪で銅メダル、41歳で出場した2004(平成16)年アテネ五輪で銀メダルを獲得。“中年の星”は、令和2年の東京五輪で3元号での表彰台を目指し、老いと格闘する。(取材構成・角かずみ)

<< 下に続く >>

 浅黒い肌に真っ白な歯。56歳に見えない山本だが、老いとの闘いは壮絶を極める。

 「30歳くらいで引退すれば、何も(体に)障害は出ずに終われる。僕は(競技を)44年やってきちゃった。こういう障害と向き合いながらやらないといけない」

 実は、肉体はボロボロだ。朝には尿酸値、逆流性食道炎、手のしびれ、耳鳴りなどを抑制するため、7種類の薬を服用する。奥歯5本をインプラント治療。43歳でアスリートの生命線である目に異変を感じ、右目に老眼用のコンタクトレンズを入れる。首と腰のヘルニアで手足のしびれに悩まされ、3年前に右肩の棘上筋(きょくじょうきん)の断裂が判明し、手術した。それでも現役を貫く山本の支えは、誰もなしえていない3元号でのメダル獲得の夢だ。

 日体大3年の21歳で初出場した1984(昭和59)年ロサンゼルス五輪で銅メダル。「4年後のソウル五輪でメダルを狙っていた」。無欲で初めてのメダルを引き寄せた。大宮開成高の教師だった04(平成16)年アテネ五輪では銀メダル。「教え子たち、子供たちのために出た大会。僕に縁があってかかわっている子供に伝えたかった」。20年ぶりにメダルを手にした当時41歳の山本は、中年の星として日本中にフィーバーを巻き起こした。

 あれから15年。日体大スポーツマネジメント学部スポーツライフマネジメント学科教授の山本は、アーチェリーの実技授業に加え、月に3回の教授会議に出席する。学生のトレーニングをサポートするアスレティックデパートメント長も務める。東京都体育協会会長を6年務めるなど、選手以外の肩書も増えた。

 練習時間の確保は難しいが「打った矢を拾いに行くときに走ったり、できるだけ体を動かしたりして、筋力が落ちないように加齢に抵抗している」とアンチエイジングに取り組む。筋力維持のため、常に傍らに10キロのダンベルを置き、時間を見つけてウエートトレーニングを行う。

 昭和、平成、令和の3つの時代を第一線で駆け抜けるアスリートはまれだ。3元号でメダルを狙う56歳は「人生を生きる上で支えになるキャッチ(コピー)だね。こういうのを作っていかないと人生面白くない」。ウイスキーのボトル1本を3日で空けていた山本だが、東京五輪の代表を目指し、今年から酒を断った。

 「おぼろげながら今、日本のトップの古川高晴君(12年ロンドン五輪銀メダリスト)に、これをやればまされるというイメージが自分の頭の中にある。肉体および心。誰よりも全てにおいてコントロールできたとき、金メダルが見えてくる」

 なぜ引退しないのか。周囲から聞こえる不安の声を「僕の中でこの体をまだ完璧に使い切っていない」と持ち前の向上心で吹き飛ばす。最高のショットを追い求めて、令和でも輝く。

★アーチェリー・東京五輪への道

 11月の1次選考会で、19年世界選手権出場選手、同年ナショナルチーム海外派遣大会メダル獲得選手、同年公認試合1試合と全日本選手権大会予選記録の2試合合計得点上位者の合計男女各16人が争い、男女上位8人を東京五輪候補選手とする。20年3月の2次選考会で男女上位5人に絞る。20年4月の最終選考会で男女上位3人を日本代表とする。

★AD長3年目の決意

 日体大は、2017年4月にアスレティックデパートメント(AD)を設立。山本は設立当初からAD長を務め、今年で3年目を迎えた。

 五輪出場選手数や、メダル獲得数の増加などの強化はもちろん、学業との両立、けがを負った選手への保障など、ADの役割は多岐にわたる。

 山本は「競技で日体大が勝つのはあくまでもADの目的のひとつ。競技だけでなく学業のサポートや、競技役員として活躍したいという学生の支援とか、そういう全てのサポートを充実して行えるようにしたい」と語る。

 日体大のADが他大学の見本になることを目標に掲げ、56歳は先頭で汗をかく。

★アスレティックデパートメント(AD)

 競技力強化支援部門に、スポーツマネジメント部門、スポーツ施設管理・運営部門を追加。さらに、ハイパフォーマンスセンター、コーチングエクセレンスセンター、スポーツ・トレーニングセンターの附置機関(日体大アスリートサポートシステム、NASS)を統合した。NASSでは女性特有の課題に対応したプログラム構築のための女性アスリートサポートも行う。

★山本博の現状

 山本は5月11日の公式戦(茨城)で、コンスタントに出せば1次選考会(東京)を突破できるとされる675点の高得点をマーク。更なる得点を公式戦で狙いつつ、秋に行われる全日本選手権予選で高得点を出せば、1次選考会への切符を手にすることができる。

★山本博という男

 ◆生まれ 1962(昭和37)年10月31日生まれ、56歳。横浜市保土ケ谷区出身。

 ◆経歴 保土ケ谷中でアーチェリーを始め、横浜高で高校総体3連覇。日体大3年の1984年ロサンゼルス五輪男子個人で銅メダル。2004年アテネ五輪で銀メダル。06年には日本選手初の世界ランキング1位。大宮開成高の保健体育教諭を経て、現在は日体大スポーツマネジメント学部スポーツライフマネジメント学科教授。15年弘前大大学院修了。医学博士号取得。17年日体大アスレティックデパートメント長就任。14年から東京都体育協会会長を務める。

 ◆好きな物 30代はすし。40代から肉。鶏肉が最も好物で、豚肉、ラム肉、牛肉と続く。霜降りは腹を壊すことがあるため、赤身が専門。飲み物はウーロン茶。

 ◆常に持参 電動歯ブラシ。1日に最低3回は磨く。

 ◆家族 1989年に結婚した妻と一男。

 ◆趣味 ゴルフ(ベストスコアは88)と妻の大好きなディズニーのグッズ集め。ピンバッジやぬいぐるみを多数所有。

 ◆愛犬家 3匹のミニチュアダックスフント。04年9月生まれで全盲のレディ、08年10月生まれで優等生のティアラ、11年8月生まれでわがままなナナ。

データBOX

 ◎…夏季、冬季を通じて五輪に出場した日本選手の最年長は、2012年ロンドン五輪に馬場馬術で出場した法華津寛の71歳4カ月。

 ◎…夏季、冬季両五輪を通じての最年長メダリストは、1984年ロサンゼルス五輪の射撃で、48歳4カ月で金メダルを獲得した蒲池猛夫がいる。

PR