貴景勝、名古屋場所休場も視野 稽古再開も「無理する必要はない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

貴景勝、名古屋場所休場も視野 稽古再開も「無理する必要はない」

更新

千賀ノ浦部屋で稽古を再開した貴景勝  大相撲の夏場所を右膝負傷で途中休場した大関貴景勝(22)は12日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。同場所後、まわしを締めて稽古場で汗を流すのは初めて。

<< 下に続く >>

 午前中は治療とリハビリにあて、午後に1人で土俵に姿をみせた大関は四股、すり足、てっぽうなど約30分間、基礎運動を行った。7月の名古屋場所(7日初日、ドルフィンズアリーナ)へ向けて「逆算して一つの段階を踏んだ」。膝の痛みや違和感はなかったという。

 現在は医師、パーソナルトレーナーを中心とした複数人でチームを組み、チームの判断でトレーニングのメニューを決めている。稽古場での基礎運動は、来週に行う予定が前倒しされた。

 「来場所へ間に合わなければ、休場して次を目指したい。まだ相撲人生はある。無理をする必要はない」と、名古屋場所休場も視野に入れる。かど番となる同場所を全休すれば、大関2場所で関脇へ陥落する。 (奥村展也)

PR