貴景勝、再休場…千賀ノ浦親方「不戦勝2回も」八角理事長らに謝罪行脚/夏場所 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

貴景勝、再休場…千賀ノ浦親方「不戦勝2回も」八角理事長らに謝罪行脚/夏場所

更新

貴景勝の2度目の休場によって、栃ノ心の不戦勝を示す垂れ幕が掲げられた   大相撲夏場所9日目(20日、両国国技館、観衆=1万936)夏場所5日目に「右膝関節内側側副じん帯損傷」で途中休場し、8日目から再出場した新大関貴景勝(22)は9日目の20日、新たに「右膝骨挫傷」の診断を加え「約3週間の治療期間を要する見込み」との診断書を日本相撲協会へ提出し、再休場した。師匠の千賀ノ浦親方(58)=元小結隆三杉=は今場所で再々出場の可能性を否定し、7月の名古屋場所(7日初日、ドルフィンズアリーナ)はかど番となる。1敗は横綱鶴竜(33)、関脇栃ノ心(31)、平幕朝乃山(25)の3人。

<< 下に続く >>

 結果的に1日だけとなった貴景勝の再出場には、ざらつくような後味の悪さだけが残った。

 千賀ノ浦親方によれば、再出場した8日目に小結碧山にはたき込みで敗れた姿をみて判断し、日付がかわる19日午後11時半ごろに貴景勝へ自ら連絡したという。「まともに相撲を取っていない。見るお客さまに失礼」と休場を勧めると、新大関は「はい、わかりました」と応じた。

 不戦勝制度が確立された昭和3年3月以降、大関の1場所2度の不戦敗は31年秋場所の若ノ花(後の横綱初代若乃花)以来63年ぶりだが、出場→休場→出場→休場を繰り返したのは初めてのケースとなった。

 この再休場に伴い、9日目に対戦が組まれた関脇栃ノ心は不戦勝に。3月の春場所千秋楽。大関昇進に挑む貴景勝は10勝目をかけ、かど番だった栃ノ心は7勝7敗。勝った貴景勝が白星を2桁に乗せて場所後に昇進を果たし、栃ノ心は関脇に陥落した。不戦勝で8勝目を挙げ勝ち越した栃ノ心だが、「やりたかった…」と本音を漏らした。

 負傷による休場は、不可抗力。だが、強行再出場によって編成された取組への責任は、放棄されたといえるだろう。千賀ノ浦親方は混乱を招いたとして、両国国技館で八角理事長(元横綱北勝海)を訪れ「不戦勝を2回も出してしまった。ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ありません」と陳謝。東京開催場所の責任者、尾車事業部長(元大関琴風)や取組編成を担う審判部の阿武松部長(元関脇益荒雄)らにも頭を下げ、「不祥事」とも取れる異例の謝意を示して回った。

 八角理事長は「1番なくなったということ。申し訳ない気持ちでいっぱい。栃ノ心ファンも不戦勝を見にきているわけではない」と思いを飲み込んだ。横綱前田山は23年10月、24年1月場所と連続して1場所中に「出場→休場→出場」を繰り返した。協会内には横綱に釣り合わない半端な姿勢をとがめ、本場所の土俵を軽んじたとの声もあったという。師匠も、貴景勝も思い見なければならない。

荒磯親方(元横綱稀勢の里)「入門から今まで突っ走ってきたので、筋肉が疲れていたのではないか。ここで一呼吸置けばいい。けがを治して鍛え直し、また違った貴景勝を見せてほしい」

★大関昇進披露宴は予定通りに

 千賀ノ浦親方によると、貴景勝の稽古再開は未定。夏場所開催中は治療以外の目的では外出せず、安静に努めるように指示した。千秋楽の千賀ノ浦部屋の打ち上げパーティーには出席しない。休場力士は次の場所まで行動を自粛する慣例があるが、場所後の6月16日に東京都内で予定されている「大関昇進披露宴」は実施する方針を示した。

データBOX

 ◎…大関の1場所2度の不戦敗は不戦勝制度確立の昭和3年春場所以降で、31年秋場所の若ノ花(後の横綱初代若乃花)以来、63年ぶり。若ノ花はへんとう炎による高熱に襲われ13日目から休場し、千秋楽は再出場の予定だったが、病状が悪化して休み不戦敗。場所前には、ちゃんこ鍋をひっくり返した長男が大やけどで死亡する悲運に見舞われていた。

 ◎…横綱では貴乃花が平成15年初場所3日目から休場し、2日後に再出場。だが8日目を最後に現役引退を決意し、不戦敗2度を記録した。

9日目結果へ10日目取組へ

PR