貴景勝が再び休場 右膝内側側副靱帯損傷、右膝骨挫傷/夏場所 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

貴景勝が再び休場 右膝内側側副靱帯損傷、右膝骨挫傷/夏場所

更新

夏場所8日目、碧山(右)にはたき込みで敗れた貴景勝(撮影・佐藤徳昭)  大相撲夏場所を右膝負傷で途中休場し、8日目の19日に再出場した東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が9日目の20日、日本相撲協会に「右膝内側側副靱帯損傷、右膝骨挫傷にて、約3週間の治療期間を要する見込み」との診断書を提出し、再び休場した。

<< 下に続く >>

 新大関の貴景勝は8日目まで3勝3敗2休。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)によると、今場所で再度復帰する可能性はなく、7月の名古屋場所をかど番で迎える。

 千賀ノ浦親方は8日目に小結碧山にはたき込みで敗れた一番を見て判断し、19日夜に貴景勝に連絡したと説明。「まともに相撲を取っていない。悪化させる前に休場しようと伝えた」と述べた。弟子の様子について「責任は感じている。心苦しいというようなことを言っていた」と明かした。

 貴景勝は4日目に小結御嶽海に勝った一番で負傷し、5日目から休場した。9日目に対戦が組まれていた関脇栃ノ心は不戦勝。

貴景勝の師匠、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の話「ファンの皆さまには申し訳ない。再出場したことは間違っていない。本人も経験をするという考えを持って相撲を取った。8日目の一番で納得したのではないか。けがを治して、さらに強くなってほしい」

阿武松・日本相撲協会審判部長(元関脇益荒雄)の話「力士にとって膝は生命線だから、無理をしない方がいい。(再出場の)判断が良かったか悪かったのかは難しいところだ。何とも言えない」

横綱鶴竜の話「(貴景勝は)若いし、いくらでも再スタートが切れる。いい勉強だと思って、出てきたときに悔しさを晴らせばいい。100パーセントの自分が出せないと変な癖がつくんじゃないかと思う」

9日目に貴景勝と対戦予定だった関脇栃ノ心の話「(貴景勝は)つらいけど耐えるしかないだろう。けがをしないようにと言われるけど、力士もしたくない。いつするか分からない。俺もいろいろ経験したからね」

PR