宇野、チェンに16・00点差の6位「攻めなければいけない」/フィギュア - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

宇野、チェンに16・00点差の6位「攻めなければいけない」/フィギュア

更新

男子SPの演技を終え、舌を出す宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナ  冒頭の失敗が、流れを悪くした。宇野は結果を求めて初めて挑んだ大会。だが最初の4回転フリップで転倒。91・40点にとどまり、首位・チェンに16・00点差の6位と大きく出遅れた。

<< 下に続く >>

 「もったいなかった。明らかに自分のミス」

 「スケーティングがいつもより強くなり、自分のコースからそれた」という冒頭の4回転フリップは回転不足となって転倒。その後は動きの硬い演技となった。2月の四大陸選手権で主要国際大会初優勝を果たし、勢いをもって乗り込んだが、悔しい結果となった。

 23日のフリーに向けては、「無難な演技をしても勝てるような試合ではない。点差的にも不可能。攻めなければいけない」と気合を入れた。

男子SP結果へ

PR